本文へスキップ

確実に借りれる金融会社

一番有利な条件で借りえる金融会社を検索

各消費者金融業者の審査基準を判断した上で申し込むことが重要です。

各金融会社の審査基準に適合すれば、誰でも審査に通りますしキャッシングもできるはずです。したがって、金融業者の審査基準と自身の借入状況を理解することが先決となります。

審査基準は「大手」「中堅」「小規模」によって違ってきます

金融会社を資本力と規模で分類すると、「大手」「中堅」「小規模」に分けることが出来ます。大手とは銀行系列の消費者金融で、現在ではカードローンの名称でテレビCMなどの宣伝で知名度も高くなっています。大手五社(レイク、モビット、プロミス、アコム、アイフル)に共通することは、web完結審査で即日融資、一定期間金利不要の無利息ローンといったサービスの高さと、中堅業者では真似の出来ない低金利での融資です。

大手はこのような高いサービスの提供と引き換えに、新規融資への審査基準の垣根を高くし、優良客を囲い込んでいるのが実態で、仮に現在の借入件数が4件あるような人が申し込んでみても、審査に通る可能性は低いと言わざるを得ません。

大手・中堅・小規模

では、そういった大手を却下された方はキャッシングができず路頭に迷うのかといえば、そうでもなく、捨てる神あればひろう神ありです。大手で借りれなかった人は中堅の金融会社へ申し込むことで審査に通る可能性が高くなります。もともと中堅業者は大手を却下された方を顧客対象にしているところがありますので、当然大手より審査基準は甘くなっています。

審査に通らない理由

貸金業者が融資の可否を判断する主な審査項目は以下の内容になります。

上記の審査項目で一番却下理由になっているのが、現在の借入状況の問題です。いわゆる多重債務者に該当する人ですが、現在他社からの借入件数が4件以上あったり、借入総額が年収の半分以上あるような方は、大手ではまず不可となりますし、それ以上の借り入れがあるような多重債務者であれば中堅業者でさえも却下されてしまいます。

他社からの借入が多い多重債務者の問題は、彼らの多くが毎月の支払いに困窮し、足りない分を他の金融会社からの借り入れで凌いでいるという実態があるからです。こういった行為を一般的に自転車操業と呼称しますが、短くない期間の内に借入が膨らんでしまってやがては自己破産に及ぶことは、統計が示していることから、貸付金の焦げ付き(回収不能)を未然に防ぐための措置なのです。

審査に通らない原因

確実に借りるための融資先検索

前述したように、金融業者から確実にお金を借りるためには現在の借入状況に合致した融資先を選択することが重要となります。あくまでも高望みをせず、ご自分に相応した業者であれば、そうそう審査で落とされるものではありません。実際、金融業者は顧客にお金を貸してこそ利益が得られるのであって、お金を貸さずに事務所の金庫に大切にしまっていても一円の利益も出ません。したがって、彼らの本音はお客にお金を貸したいと考えているのです。

区切り線

審査に通らなかった場合の対処

融資の申し込みをしたものの、「今回の融資は残念ながら見送らせていただきます」といった断りの返事がくることもあります。こういった断りの返事をもらった時の、奈落の底に突き落とされる想いと屈辱の感情が入り混じった、なんともいえない不快な感情は、味わった人にしか理解できないと思います。そんな嫌な思いを味わくないがために、申し込みの際にはなるべく「ここなら借りれる」と確信をできる業者を選択しなければなりせん。

では、実際に審査に通らなかった場合の判断ですが、「あきらめずに他を探す」「借入をあきらめる」の二者択一しかありません。他の業者を探す場合は、なぜ審査に通らなかったのかを再考しておく必要があります。もちろん、審査で落とした業者はその理由について述べることはありませんが、審査で落とすだけの理由が存在したはずです。

借入状況がその理由であれば、業者をワンランク落として申し込むことで解決できるはずです。たとえば、大手で審査に落とされたのなら、中堅を選択し、中堅で落とされたのなら小規模といったふうに、ランクを落とすことで審査基準を和らげることができます。

ただ、審査に通らなった理由が「無職」「信用情報機関の事故情報」であるならば、もはやどの金融業者であっても審査に通ることはないでしょう。どちらも支払い能力不足と判定されて、通常の業者であれば100%落とされてしまいます。

9/7/19 03.48.42

利用規約と概要

スポンサードリンクス